段階的曝露療法とは

パニック障害の患者の多くは、パニックに直面した事がトラウマとなり頭に残ります。そして、その恐怖を避けて生きるようになり普段の生活が出来なくなります。実際に行動し、不安や恐怖の原因となっている場所や状況に自ら直面し、そのトラウマに少しずつ慣れていく精神療法段階的曝露療法と言います。

そしてパニック発作が起きないか、起きても乗り越えられるのかを試しながら経験を積む事で自信をつけパニック障害を克服していくという考え方です。この段階的曝露療法は、始めは小さな事を目標に掲げる事がポイントです。小さな目標でも、クリアしていく事が大事な事で、少しずつ自信が出てきます。

初めから大きな目標を設定してしまうと、失敗した時のショックは大きく更に自信を失ってしまう事にもなりかねません。時間をかけて慎重に行う事が大切です。不安や恐怖の軽いものから順に試していき、段々恐怖感が強いものを訓練していきましょう。

段階的曝露療法の具体例

電車に恐怖を持っている場合、各駅停車の一駅から、そして我慢が出来るギリギリまで、次は快速に乗ってみる、などとレベルを上げていくことにより、恐怖感から慣れていくことが出来るようになります。時間も恐怖に耐えている時間が長ければ長いほど治療に繋がります。

辛い場所から逃げ出したり薬に頼ってしまった場合、チャレンジは失敗です。何度もイメージトレーニングを行いながらこのリハビリ的な治療を繰り返し、最終的に、薬を飲まなくても恐怖感を感じなければ、パニック障害を克服したと言えます。しっかりと治療計画を立てた上で時間をかけ取り組んでいきましょう。


パニック障害克服の具体的な方法とは?