不安障害

19歳で一度なったパニック発作、20歳でなった動悸や不安感、それでも私は19歳の時はわずか1日、20歳の時も1ヶ月弱という短さで症状は治まり、また普通の生活をしていました。ただ、24歳になり三度目のパニック障害、これは今までよりも本格的な症状になってしまったのです

多忙だった仕事を辞め、結婚し専業主婦になった私。結婚といっても、結婚前から同棲をしていたので、住む場所も変わらず変化というのは仕事を辞めて家にいるようになった事だけ。それだけの変化で、退職後わずか1ヶ月もしないうちに症状が現れ始めました


楽しみが奪われる

バスに乗るのが怖いのです。バスに乗り、扉が閉まると「次の停留所まで降りられない」という恐怖感に襲われます。電車も同様で、電車が来ると心臓がバクバク、電車に乗り発車のベルが鳴ると動悸はピークになり、いつパニック発作になってもおかしくないほど不安に襲われます。

電車は、混んでいれば混んでいるほど不安感が強まり、逆に恐怖感を抱きながらホームにいて到着した電車がガラガラだと、緊張感がすぅーっと抜けていきます。それから、エレベーターに乗るのが怖いのです。狭い空間に閉じ込められてしまうと、いてもたってもいられないソワソワ感が出てしまうようになりました。

一番私が症状として辛いのが、外食が出来なくなってしまった事。外で食事をしようとすると、「ここで吐いてしまったらどうしよう」という恐怖感に襲われるのです。外食が大好きだった私、趣味のカフェ巡りも美味しい焼肉屋さんも行き付けだった居酒屋も、月に一度は行っていたホテルのディナーブッフェも全て絶たれてしまいました。

今挙げた全ての症状が「不安障害」というパニック障害の症状の1つだそうです。この時期が私のパニック障害の人生の中で一番辛い時期だったと思います。


パニック障害克服の具体的な方法とは?