繰り返し起こるパニック障害

19歳でパニック発作を経験し、それから何ともなかったのですが、20歳で日々の動悸とソワソワ感に悩まされ病院で薬を処方され、薬の安心感からか症状が現れない時期が3〜4年ありました

私はすっかり完治したものだと思っていました。完治したもなにも、今となれば19歳の日の恐怖感と動悸がパニック発作だと分かるし、20歳の時からパニック障害だったのだと理解していますが、20歳の時に行った内科では病名を「パニック障害」と言われませんでした。だから私は、ただ一時的に体調が悪かった時期という捉え方をしていました。

突然の再発

大学を卒業し、忙しいけど憧れだった仕事を経験し、そして寿退社をした直後の事でした。胃の調子がよくない中で乗った新幹線の中で、ふと「ここで吐いてしまったらどうしよう」に考えた瞬間、ソワソワ感が体を襲い、混乱状態に。不安と共に突然、吐き気も襲ってきました。

お守り代わりの持ち歩いていた昔処方された動悸と不安を抑える薬を飲むと、それからしばらくして落ち着き、無事に自宅まで一人で帰る事が出来ました。(お守り代わりの薬は、この日は無事効きましたが、処方されてから3〜4年経過していたので、自己判断で飲んではいけなかったようです。)

パニック障害を一度患うと、いつかは分かりませんが、また何かのきっかけでパニックを起こす危険性があるという事です。パニックを起こしやすい人間なんだ、と割りきり、その都度病院で治療を行って、根気強く立ち向かうこと、パニック障害を患っている自分に負けない事が重要だと思います。


パニック障害克服の具体的な方法とは?