病院へ行こう

パニック障害を大学生の頃に患った私は、頻繁に起こる動悸とソワソワ感をどうにかしたいと思い、ついに病院に行く事を決意しました。私が行ったのは以前お世話になった事のある自宅近くの内科でした。

先生に症状を話し脈を測ってもらうと「ものすごい早いよ!これは動悸が気になって普通の生活出来ないよ!」と言われました。もう、この時点で先生に分かってもらえたという気持ちで楽になりました。頓服として薬が処方され、動悸や不安感が出たら飲んでくださいとの事だったので、家に帰りいつ動悸が襲ってくるか構えていました。


症状が現れてきた

すると、夜にただテレビを見ている時、やってきました、動悸と不安感。ついにきたかと実験感覚で白い小さな薬を一錠流し込みました。正直、そう簡単に効果のあるものだとは思っていなかったのですが、驚くほどみるみる無くなっていく不安感、30分ほどで動悸もほとんど感じなくなっていました

その効き目の凄さにビックリ!こんなに素晴らしい薬があるのかと感動しました。このような精神的な病気で薬を飲むのは初めてで、咳が出る・頭が痛いなどとは全く違う症状なのに、こんなに効くんだ!と衝撃を受けました。動悸や不安感で悩んでいる人がいたら、是非一度病院を受診してみてほしいと思います。

でもやはり、初めから精神科や心療内科に行くのはとても抵抗があります。自分が精神的な病気だと受け入れられない部分もあります。だから私は内科にまずは行ってみました。内科でも話を聞き薬を処方してもらえるので、初めは行きやすい病院を選ぶのもポイントだと思います。


パニック障害克服の具体的な方法とは?