パニック障害の先輩を見付けよう

私がパニック障害になったのは大学2年生の夏、その時は一度パニック発作を起こしただけで終わり、特にひきずる事はありませんでしたそれから1年後、たまに動悸がするようになりました

初めてパニック発作を起こした時のように、明確な理由が見当たらないのに動悸が頻繁にするのです。あまり気にしていなかったのですが、ある日、友人数人と楽しくランチで盛り上がっていると、動悸がして何故だか涙がポロポロこぼれてきました。

泣き止んでからは結構けろっとしているのですが、今までにない現象が続きます。今度は、授業中ソワソワして、だまって席に座っていられなくなりました。毎回そのような事が起こるわけではないのですが、月に1〜2回ほど席を立ってしまいます。

家にいても動悸、授業中もソワソワして立席、私はどうなってしまったんだろう?と一人で悩んでいた私に、救いの手を差しのべてくれた友人がいました。私が授業を受けられず廊下に出た時に、同じ授業を受けていた友人が後を追って来てくれました。そして、私の状況を話すと「私も同じだよ」と話してくれました

心の拠り所

私達は当時音大生だったのですが、彼女はステージに上がる前の恐怖からパニック障害になってしまったと話していました。私は、1年前に一度パニック発作になっていましたが、病院に行く事もなく、今の状況も理解出来ていない状態だったので、彼女のパニック障害の知識を色々教えてもらい、自分が今どんな状況なのか理解しました。

パニック障害という病気の先輩が出来たのです。それと同時に心の拠り所が出来て安心しました。学科が違うので頻繁には会えない友人でしたが、メールで相談出来るようになった事、知識を身に付ける事が、私には大きかったです。今はネットでも病気の経験談が色々載っているので、そのような病気の先輩の意見を参考にすると心強いと思います。


パニック障害克服の具体的な方法とは?