パニック障害で仕事に行けない

パニック障害では今までの仕事に行けないこともあります。まず会社まで通う手段がバスや電車を利用する場合は、そこで発作を起こすことも。パニック障害になったら、今の仕事を捨てるべきかと考えてしまっている人も多いと思いますが、まず今の仕事を捨てることはないとお答えしたいところです。

今の仕事はとにかく休暇を取って休養をしましょう。無理することが重度のパニック障害につながります。なりかけのときこそ、休養をとってストレスを解消しましょう。「どうなってしまったんだろう?」「これからどうなるんだろう?」という不安でますますひどくなってしまいます。

そうなると仕事に行きたくないと思ってしまうことも。そうならないためにも、「休養を体と心が求めているんだな」と考えて長期休養をしましょう。もし医師の診断書が必要ならパニック障害を診断してもらって診断書を出してもらいます

パニック障害の人は仕事ができるかできないかというと、これは個人差がありパニック障害の進行度にもよって何ともいえない部分もありますが、「初期だから仕事をしても大丈夫」という考え方は危険があります。「初期だから、今治すときだ」というように考えるべきでしょう。重度になってしまってからでは、なかなか改善できなかったり、仕事も多分並行してやれないことが多いからです。

まずパニック障害のことを理解し、カウンセリングを受けるといいのではないでしょうか。今までパニック障害など、名前を聞いたことぐらいしかなかった人がほとんどです。急にパニック障害だと言われてもなかなか理解できません。克服するにはまずパニック障害を知ること。そして専門医によるカウンセリングやゆっくりした休養が大切なのです。

急に起ったパニック発作はその辛さだけでなく、今後の仕事に対する不安もわき出てきます。しかしその不安がまた病気の進行を進めてしまうのです。不安を感じても1つもいいことはありません。特にこのパニック障害においては不安が悪化させる原因なので、楽しいことをして心を休養するようにしましょう。

仕事はできるのか?パニック障害の症状

パニック障害の症状の中でも重度になると、一切電車やバスに乗ることができなくなります。そうなると仕事によっては続けられなくなることもあるわけです。例えば通勤が全くできなくなる可能性があります。その反面、自分の車なら大丈夫という人もいます。地方で車通勤が許されている会社なら車通勤ができるところもありますが、都内の会社など車通勤などまったく許されない会社の場合もあります。

例えば地方の支店などで、車通勤ができるところへの転勤などできるなら会社との相談をしてもいいのではないでしょうか。また独身なら会社の近くに自宅を引っ越し、徒歩や自転車通勤するという方法もあります。しかし営業のように電車などを使って、お客さまのところに行くような仕事の場合は人事課や庶務課など会社内での移動を願い出ることも必要かも知れません。

もちろん電車やバスだけの問題ではなく、お客さまと会う仕事は緊張をするので、パニック障害の人にとって負担になることもあります。仕事といちがいに言ってもいろいろな仕事があるので、自分ができること、できないことをきちんと会社に伝えるようにしましょう。その上でどうしても無理ということであれば仕事を変えるということも考える必要が出てきます。

しかし一番大切なのは早いうちに投薬治療をしながら、長期休暇を取ることではないでしょうか。下手に無理をしてしまうと、ますます重度のパニック障害の症状が出ることになることもあります。しっかり心と体を休ませることで、仕事に復帰できる人もたくさんいるので、まず医師と会社と両方と相談をしながら進むようにしましょう。基本は休暇を取って心と体を休ませることです。

また思い切って、自宅で仕事ができるような仕事を探してみるのもおすすめです。最近はネットを使って自宅での仕事もあります。思い切って生活環境からすべて変えてみるのも良いかも知れません。いろいろな方法があるので、まず今の仕事の休暇を取れるだけ取って、様子をみていきましょう。大切なことは今無理してはいけないということです。

パニック障害では仕事ができないこともある

パニック障害を持っていると、思ったように仕事ができないということもあります。そして発作が出ることで、結局仕事も続かずに点々としてしまうということもあるようです。確かにパニック障害になった場合は仕事にも影響が出ることも少なくありません。そして、その仕事が続かないことへの不安が、ますますパニック障害をひどくしていくということもあるのです。

軽いパニック障害なら、事務職などあまり外に出ない仕事や、電車に乗らないで通える仕事場の仕事を選びましょう。会社まで自転車通勤ができるようなところを選ぶことも大切です。会社の行き帰りにバスや電車を使う場合、発作が起きたときには大切な会議にも遅刻するということになります。時間は仕事の上ではとても大切な問題なので、電車やバス通勤は避けるようにしましょう。また人とのコミュニケーションが難しくないのであれば、近くの店舗での店員などもお勧めです。

重度のパニック障害の場合は治療が先決であり、それまでは近所のコンビニなどのバイトなど、仕事を続けて社会との関係を断たないようにします。社会とのコミュニケーションが途絶えてしまうと、鬱病に進展することもあるので、その辺はきちんと人間関係が取れるような仕事を選ぶにしましょう。そして続けることも大切ではないでしょうか。

パニック障害から立ち直るためには自分の努力も大切ですが、薬やいろいろな方法を並行して行うことも大切です。例えば都心に住んでいる人は、田舎に移って環境を変えることも良いかも知れません。そこで無理のない仕事を探すこともおすすめです。パニック障害は障害者扱いもされないので仕事を続けていく必要があります。できるだけ近くで負担の少ない仕事を選ぶようにしましょう。

あとはパニック障害のことを理解してくれる会社を探すことも大切です。知り合いに声を掛けておくなど、少しでも広い範囲でチャンスのある会社を探すこともトライしてみましょう。そしてパニック障害を克服するために、いろいろ試してみることが大切ではないでしょうか。

パニック障害 仕事中【迷惑】

パニック障害はとにかく不安が良くありません。「不安を持っても持たなくても同じなら、持たないようにする」というぐらいの気持でいましょう。さて、仕事中にパニック障害を起こす人がいます。例えば営業などで交通機関を使ってお客さまのところへ行く途中で発作が起るような場合は、営業の仕事を変えてもらうことが必要になります

でも、もし事務職であっても起るようなら、そこで対処法を身に付けて回りに迷惑をかけないように自分で対処しましょう。回りの人にもパニック障害のことを伝えておき、「苦しそうにするけど、大丈夫だから気にしないで欲しい」ということを伝えておきましょう。そうすれば仕事中に回りに迷惑をかけてしまうという不安もなくなります。「ここで発作が出たらどうしよう……」「みんな迷惑だと思っているだろうな……」と思うと余計発作が出やすくなるのです。

まずパニック障害のことを自分がよく理解して、できるだけ迷惑をかけない方法を考えることです。そして機会があるごとにごめんなさいと言う気持を表わしましょう。みんなもそんな行為を温かく受け取ってくれるはずです。

例えば旅行に行ったときには「いつも脅かしちゃってすいません〜」というメッセージを付けて、お菓子を配るなど、ちょっとした配慮をすることでみんなの気持も温かくなります。そんなちょっとしたこと行動がお互いの気持をほぐし、自分の気持も楽になるでしょう。

また自分が乗り物などの中で発作を起こして会社を遅刻するなら、近くに住むようにするなり、どうしても遅刻することはできないというときだけ近くに泊まるなど、前もって起るかも知れないことを予測して行動することも大切です。

「迷惑かけてない」と思うのではなく、迷惑かけていることを自覚することで迷惑かけをないようにできるのです。そのようにできるだけの努力をすることで、「迷惑をかけているだろう」と不安に思うことも、きっとなくなります。

パニック障害の場合の仕事と面接について

パニック障害を持っていると面接にも不利ということは確かなようです。そこで面接をするときに、どうにか薬で抑えておくという方法があります。その場合は医師と相談してしっかり薬に慣れておき、自分にあった薬で面接を乗り超えるようにしましょう。

ただし、面接でうまくごまかしたとしても、仕事をするようになってだんだんパニック障害であることが分かってしまうと、結局仕事が続けられなくなることもあるようです。会社のみんなが温かく見守ってくれる会社ばかりではなく、できないやつは関係なく切るという会社もあります。

そこでパニック障害でも受け入れてくれるという会社を探すことも1つです。そのような障害を持った人も採用するという心ある会社も確かに存在しているようです。そういう会社を探して面接をすることも良いかも知れません。ただ数的には少ないのも現実です。

自分のパニック障害が軽度なら薬で止めて、面接を上手に乗り超えてもいいと思います。しかし、もし重度であればアルバイトなどをしながらまずパニック障害を乗越えてしまってから、就職を考えた方がいいという場合もあるのではないでしょうか。人生はまだまだ長いので、不安を持たず今をまず乗越えることが大切なのです。例えば今は仕事に就くための技術を身に付ける期間と考えるのもいいのではないでしょうか。

ある大学生は普通にサラリーマンになるのが当然と思っていたそうです。でも自分がパニック障害になり、面接でも発作が出てしまい、どこの会社も駄目だったとのこと。そんなときに思い切って考えを変えて、パニック障害を克服しながら陶芸の下積み生活に入ったのです。それから10年ほどしてパニック障害も克服する頃には、陶芸で生活することができるようになったという人がいます

これは1例ですが、このようにパニック障害がひどい場合は、無理に就職を考えずに勉強時期にするという方法もあるということなのです。どのような人生でも自分が作るものです。どれがいいとは言えませんが1つにこだわることはないのではないでしょうか。

パニック障害でも仕事できるのか?復帰は?

パニック障害になっても、すぐに仕事を辞めることを考える必要はありません。まず、今就職しているなら休暇を取ることが先決です。そして医師との相談をして必要なら薬を併用し、とにかく体と心を少し休ませるようにしましょう。医師に診断書をもらって休めるだけ休むようにします。パニック障害を早くに治すことこそ、絶対に今後のためになるので、まずしっかり休暇を取るようにしましょう。

そうすればまた復帰することもできるのです。特に不安がこのパニック障害の原因になっています。その要因は子ども時代にあることも考えられ、今目の前のストレスと重なって発症していることもあります。つまり不安が不安を呼び、不安をどんどん強めてしまうのです。そこで不安は一時棚上げにして、まずリラックスして身心ともに休ませましょう

そして復帰をするときには、仕事内容や部署を替えてもらうことも必要かも知れません。営業などはどうしても移動が多いので、事務仕事に替えてもらうことも必要になることも。自分のパニック障害の度合いによって、できないことはできないと今は諦めましょう。そして、今できるような仕事で復帰するようにします。

パニック障害の場合は今より悪化させないようにすることが大切です。そして今仕事に就いているなら、簡単に辞めることを考えずに続けることができる方法を探すようにしましょう。これから仕事を探す場合なら、自転車や徒歩で通える場初での仕事を選ぶようにしましょう。

そして薬と併用しながら、自分なりの努力をしながら仕事を続けるようにしていきます。仕事をしなくなることは社会とも関係が薄れるので、できれば仕事は続けるようにしたいものです

きちんとした就職が無理ならアルバイトでもいいので仕事をし、早くパニック障害を改善することを先決と考えましょう。必ず良くなるものなので、焦らず着実に改善する努力をしていくといいでしょう。そして仕事を復帰するなり、新しい仕事を探すなりしていきましょう。

パニック障害の診断書を出して会社を休職する

パニック障害の場合、発作が発作を呼ぶといった病気でもあります。少しでも発作を抑えることが大切なので、仕事も休職を取ることが一番の方法ではないでしょうか。せっかく勤めている会社を棒に振ってしまうのはまだまだ結論を出すには早過ぎます。気持的にはもう会社にも行けないと思ってしまいますが、休職にして復帰できるまでに改善される人はとても多いのです。

あとは復帰後の仕事を調整したり、部署を替えてもらったりという人もいますが、それでも復帰までしっかりできている人はとても多いので、まず辞めずに休職することが望ましいと思われます。そのときにはパニック障害という診断書を医師に書いてもらい会社に提出する必要があります。その場合も会社によって決まった用意がある場合は、それに従って医師に依頼をすることになります。

急にパニック障害が起ってしまい、焦っている人も多いと思いますが、まず頭に浮かぶのが会社のことや仕事のことです。ひどい状態のときには、とうてい仕事など続けられるものではないと考えます。そしてパニック障害は発作の恐怖と不安が強くなる症状のため、少しでもその恐怖から解放されたくなり、今までの状況で発作が起る可能性のあるものからすべて縁を切りたくなる衝動に駆られます。

しかし会社を辞めることはいつでもできるので、とにかく長期休暇を取るようにすべきです。多くの人たちが休暇を取って良かったという状態に戻っています。パニック障害は気長に付き合う病気になる場合もあり、病気に心が勝つことも大切になってきます。どれからも逃げるということではなく、今は調整時期だと考えるようにするといいのではないでしょうか。

現実にパニック障害は、生まれてきてから今までのいろいろなストレスが原因となっていることも多いようです。だからこそ人生の調整時期であり、次の人生はとてもステップアップすることができるはずだと考えるべきではないでしょうか。

パニック障害の診断書内容とは

パニック障害になったらとにかく診断書を取って、仕事の長期休暇を取ることが先決です。とにかく心と体を休ませましょう。早い治療と、仕事の休暇など早い処置が今後のパニック障害の改善にも、また病気と上手に付き合って生活を続けるためにも大切になります。すぐに身心を休ませることがパニック障害改善には大きくかかわってくるのです。

そのときには医師による診断書が必要になるわけですが、内容は医師によっても違いがあります。いつから診察に来て、今どのような治療を行っているということが書かれますが細かいものではありません。またどのぐらいの休暇が必要だということも書かれます。あとはとても簡単なもので、例えば「動悸・過呼吸などの発作に伴う不安・抑うつ感が著明なため労務継続困難と判断する」というような感じになります。

必要なことはいつから治療を始めたか、きちんとした医師の診断書なのか、どのぐらいの休養が必要なのか、改善の見込みがあるのか、そしてきちんとした病名があればいいわけです。他のことはあまり必要はなく、仕事の休暇を取るための診断書ですということを医師に伝えればきちんと書いてくれます

診断書は基本的には初診であっても、病気がはっきりしていれば出してもらえます。しかし精神科の場合は1回の診察では確実に病気のことや今後の予定など分からないので、初診では長期休暇申請のための診断書を出さない医師も多いようです。しかしその方が精神科の場合は当然とも言えるでしょう。まず数日の休みのための診断書を取って、それからもう一度しっかりと長い休暇のための診断書を出し直してもらうようにした方がいいかも知れません。

当人にとってもしっかり診断してもらった上で半年の休暇が必要なのか、1年の休暇が必要なのか書いてもらった方がいいはずです。1カ月程度の休暇でも診断書が必要になるのでまずその分のものを書いてもらい、その先のことを1カ月後にはっきりさせたいとの旨を会社にも伝えておくといいでしょう。


パニック障害克服の具体的な方法とは?